赤ちゃんを置いたら泣く原因とその対処法について

抱っこしてあやして眠りについたと赤ちゃんを布団に置いたら泣く、という経験をされているお母さんは多いのではないでしょうか。


眠ったのに布団に置いたら泣くのでは何もできないしまた寝かしつけなければいけないしとお母さんの疲労やストレスも溜まってしまうことでしょう。

抱っこして寝ている赤ちゃんを布団などに置いたら泣く理由について考えられるのは、布団との温度差が原因として考えられます。

赤ちゃんがそるに関する情報です。

温かいお母さんの手から急に冷たい布団に降ろされたら、背中スイッチが入ってしまうのも仕方ありませんのでその場合には事前に湯たんぽやお母さんの体温で布団を温めて置いたり、おくるみでくるんで温かい状態にした上で寝かすようにすると効果的です。

また、赤ちゃんが腕の中で良く寝ていたとしてそれは仮寝である場合もありますので、地蔵のように重くなったと感じてから布団に慎重に降ろすようにするのが良いでしょう。
布団への置き方のコツとしては、まずはお尻を落として足をそっと下した後に、腕で支えている首を布団に接触するぎりぎりまで落として最後にそっと、すっと腕を抜くことです。



その他に考えられることは、赤ちゃんはあんなに小さくても自分が寝てしまうことで意識が遠ざかることに恐怖を感じていると言われています。

ガジェット通信の情報はこちらのサイトがオススメです。

その恐怖を取り除くためにも、寝る前に窓の外の景色や家の中の様々な場所を見て楽しんでから寝たいと感じていることもありますので、寝る前に立って十分に楽しませて安心させてから寝かすようにすると布団に置いても泣かれることがなくなりますので、試してみてはいかがでしょうか。