フランス風の赤ちゃんの夜泣き対策とは

赤ちゃんの夜泣きは、まだどうしてそのような現象が起こるのかははっきり解明されていません。


ただ、夜泣きが発生する時期と赤ちゃんの脳が発達する時期は重複していますから、成長に密接にかかわっているのかもしれません。

一説には、一日のうちに受け取った刺激や情報を夜間に整理して、その結果刺激のある夢を見ているのではないかなどと言われています。



夜泣きへの対策ですが、国が違うとそのやり方も異なっています。

フランス風の子育てでは、たとえ赤ちゃんであっても自分の意志を持っている小さな大人として扱いますし、子育ての主役は親の方だという考え方です。

お手軽の赤ちゃんをだっこについての情報です。

ですから、どうして夜に泣いてしまうのか、その原因を究明したうえでどうやって向き合っていけばいいのかを考えて対策していくのです。

フランスの母親たちのやり方では、夜に泣き出してしまってもすぐにあやしたりはしないで、10分くらい様子を見ます。

他種類に及ぶリクナビNEXT JOURNALに関する最新情報はこちらです。

病気が原因である異常な泣き方かどうかを判断してから、健康に問題がないと分かった場合は本人の気が済むまで泣かせるようにするのです。

すぐにあやしたりするのは、成長を促すことになりません。

その結果、自分にとっての最適な睡眠のリズムを自力で身につけることができますし、赤ちゃんの忍耐力を養うことにもなります。フランスでは、正しい睡眠の仕方を指導することが親の責任とされていますし、夜泣きという現象も成長をしていくためのステップの一つとして考えられています。