赤ちゃんをベッドに置いたら泣くことへの改善法

眠くてぐずる赤ちゃんを抱っこして子守唄を歌って、一生懸命寝かしつけたのに布団やベッドに置いたら泣く状況に陥ってしまい、また抱き上げて寝かしつけるもやっぱり置いたら泣くという状態が何度も続いてしまい心身ともに疲れてしまったり、悩みの種となってしまっている方も多いといえます。

赤ちゃんが安心してそのまま布団の中で寝続けてくれれば良いのですが、寝かしつけはそう簡単にいくものではないのが現実です。


どんなにすやすやと寝ている赤ちゃんでも置いたら泣くのには理由があります。

赤ちゃんが泣くの情報ならお任せください。

1つ目には置き方が少し雑で振動が赤ちゃんの身体に伝わって覚醒してしまうこと。2つ目にはベッドや布団が冷たく、温度差を感じて覚醒してしまうこと、そして3つ目には抱いている安心できる大人の体温や心拍数、手のぬくもりや声などが突然感じられなくなることによって不安で覚醒してしまうことがあげられます。

日本経済新聞に関しての情報が閲覧できます。

抱っこして寝かしつけたあとにうまくベッドに置いて心地よく眠ってもらうためにはコツがあります。

丁寧にベッドに寝かしつけることはもちろん、布団や室温をあらかじめ適温に調節しておくことも大切です。


布団が冷たいと大人でもなかなか寝付けないことを踏まえればその必要性は高いです。そしてなによりいきなり大人の身体から離して置くのではなく、なるべく大人も一緒に寝るような形でギリギリまで密着状態を維持します。
抱っこしている間にブランケットを身体にかけてくるみながら添い寝し、焦らずに少しずつ身体を離していくとそのまま赤ちゃんも寝入ってくれることが多いです。



身体は離しても子守唄はそばで歌ってあげたり、子どもの胸のあたりを軽くトントンと撫でるように触れてあげることも快適な眠りには非常に有効といえます。また大人の緊張感や不安はダイレクトに伝わるので、泣いたらどうしようといった感情もなるべく持たずに気持ちに余裕をもって落ち着いて寝かしつけることが望ましいです。